ネットの発展や在宅ワークが多くなってきている現在、YouTubeに動画投稿して『YouTubeで広告収入を得たい』人なんて今の時代、多いのではないでしょうか?

 

『YouTubeの収入の仕組みってどうなっているの?』などのYouTubeの広告収入の謎について、疑問を思っている人も多いはずです。

 

コンシェルジュコンシェルジュ

そこで、今回のこの記事では、YouTubeの広告収入を得るための仕組み、収入を得るための条件などについて解説していきます。

YouTubeの広告収入って何?

 

YouTube動画を見る際に再生時や途中でCMが流れると思います。

 

それがいわゆる広告というもので、YouTubeの広告収入を得るには、動画を見てくれる視聴者がその広告を見ることでYouTubeから広告収入が入ってくるという仕組みです。

 

ですが、ただたんに動画をアップすればいいという訳ではなくYouTubeから広告収入を得るには、ある一定の条件を満たす必要があります

 

この条件を満たして、その後も投稿する動画が多くの人に見られることにより安定したYouTubeからの広告収入が得られます。

 

YouTubeチャンネルを収益化するための4つの条件

上記でも書いたように、ただたんに動画をアップすればYouTubeから広告収入を得得られるわけでは、ありません。

 

YouTubeチャンネルを収益化してYouTubeからの広告収入を得るには、YouTube側が設定している4つの条件を満たす必要があります

 

順番に解説していきますので見ていきましょう。

 

 

年齢が18歳以上であること

YouTubeの広告収入を得る場合には、YouTubeパートナープログラムに申し込んでAdSenseアカウントを作成する必要があります。

 

こちらのAdSenseアカウントは、年齢制限があり18歳未満の場合には、登録することができませんので、保護者のAdsenseアカウントにGoogleアカウントをリンクさせるという保護者の協力が必要となってきますので18歳未満の人は保護者に事前に確認しておきましょう。

 

 

チャンネル登録者1,000人以上であること

条件の中で1、2番目に難しい条件としてYouTubeチャンネル登録者1,000人以上でなければなりません

 

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすには、あなたのチャンネルに興味を持ってもらいファンになってもらう事が大切です。

 

ようは、動画をまた見たいと視聴者に思わせる動画の作りが必要となります。

 

動画の視聴回数、視聴時間よりも難しい課題となりそうです。

 

 

直近12か月の動画総再生時間が4,000時間以上であること

3つ目の条件は、直近12ゕ月の動画総再生時間が4000時間以上あるということが必須条件です。

 

YouTubeに動画をアップした本数などは関係なく、直近12ゕ月の動画総再生時間が4000時間以上あれば条件クリアとなりますので、アップする動画の本数は関係ないと書きましたが動画の本数が多いほど条件をクリアしやすいでしょう。

 

 

広告を掲載するのに適したコンテンツ動画であるか?

4つ目の条件は、これまで書いてきた3つの条件を満たしたとしてもYouTube側の定めているガイドラインであなたの動画コンテンツが広告に適していないと判断した場合は収益化の申請は通りません

 

YouTubeにアップしている動画が著作権に違反している、暴力的な内容、アダルトすぎる内容などが主な原因としてあります。

 

せっかくYouTubeに動画をアップして視聴回数が良くても広告を掲載するのに、不適切な動画とYouTubeに判断されてしまっては、元も子もありません。

 

コンシェルジュコンシェルジュ

広告掲載のガイドラインをしっかりとチェックして、不適切だと判断されない健全な動画をアップしていきましょう

 

 

最速・最短でYouTubeチャンネルの収益化を目指すためのポイント

 

YouTubeチャンネルの広告収入を得るためには、上記でも書きましたように4つの条件を満たす必要があります。

 

そこで、最速・最短でYouTubeチャンネルを収益化するために必要なポイントがありますので、ご紹介していきます。

 

チャンネルや動画のジャンル(テーマ)を決める

何事もテーマを決めることは大切です。

 

それはYouTubeにも言えることで、YouTubeチャンネルもテーマを決めることがとても大切になってきます。

 

まず、ご自身のYouTubeチャンネルを視聴者に登録してもらうためには、動画を好きになってもらう必要があります。

 

好きとは、この動画の続きや続編を見たいと思わせることです。

 

テーマを決めずに毎回、違ったジャンルの動画をアップしていると視聴者がチャンネルに定着しづらく、登録者数が伸びにくい傾向がデータとしてあります。

 

自分自身でも考えてみてください。

 

あなたが好きなYouTubeの動画を見た時に、そのチャンネル内の動画一覧を見たとき、動画のテーマがバラバラだった場合、チャンネル登録をしますか?

 

視聴者は自分の興味のあるテーマの動画を見る傾向があるため、同じテーマの動画がチャンネル内に多ければ長い時間動画を見てくれてファンになってくれる可能性があがり、おのずとチャンネル登録してくれる可能性もあがります。

 

ご自身のYouTubeチャンネルの動画を見てもらいたい視聴者を明確にして、チャンネル、動画のテーマを決めていきましょう

 

 

動画の質をよくする

動画の質を良くする理由としては、いろいろあるのですがYouTubeの収益化を目指すにあたりYouTube動画の直近12ゕ月の動画総再生時間が4000時間以上というのが収益化の条件に含まれているので、この条件を最速・最短で満たしていくには、動画を途中で離脱されないような最後まで見てもらえる質の良い動画作りを心掛けてください。

 

質の良い動画にしていくには、企画、トレンド、人気のある動画を見つけて視聴されやすいのはどんな動画なのかなどを分析して試行錯誤していくしかありません。

 

質の良いYouTube動画をアップしていければ、きっとチャンネルのファンも増えてチャンネル登録者、視聴回数が伸び最短で収益化できるでしょう。

 

 

SEOを意識する

YouTubeも検索上位に動画を表示させるにはSEOが重要となってきます。

SEOとはSearch Engine Optimizatio略で、検索エンジン最適化と意味です。

YouTubeで動画をアップする際には、タイトルは検索で引っかかりやすいようなキーワードを選択して入れたり、視聴者にクリックされやすいタイトルネームを意識することが大切になってきます。

 

 

定期的に動画のアップを続ける

YouTubeで広告収入を安定して得ていこうとするなら動画のアップは、継続して定期的にしていくことが大切です。

一番大切な事は、視聴者にあなたのチャンネルをチェックすることを習慣化させることです。

そうすることで、チャンネル登録者の離脱を防げてリピーターを増やしていくことにつながっていくでしょう。

 

 

まとめ

最速・最短でYouTubeの広告収入を収益化する方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

 

YouTubeチャンネルを収益化するためには4つの条件が必要です。

 

  • 『チャンネル登録者数1,000人以上』
  • 『直近12ゕ月で動画総再生時間が4,000時間以上』
  • 『18歳以上』
  • 『広告を掲載するのに適したコンテンツ動画であるか』

といった条件を満たす必要があります。

 

こういった条件をクリアして最短・最速でYouTubeチャンネルを収益化するためのポイントも書いてきました。

 

動画の質を良くして、見てくれる視聴者のことを一番に考えていくことが収益化するうえで大切ですし、その後の安定した広告収入を得ていくためにも大切なことです。

 

コンシェルジュコンシェルジュ

そして、何よりチャンネル、動画を作っていくあなた自身が楽しむことが重要です。


*8000円相談料→今だけ無料*
1億再生実績のコンサルが好評!

IT経営者から1万円の価値がある絶賛!youtube専門書籍が今なら無料


お問い合わせはこちら!